福元館の歴史と小林多喜二さん
福元館の歴史

七沢温泉の老舗、福元館の歴史は古く、安政年間(1856年)、現福元館の曾々祖父にあたる古根村仙蔵氏が農業の傍ら、浴槽を設けて来客に供したのが始まりです。

その後、2代目の古根村仙太郎の妻やえ(現女将の義父の祖母)が現在の福元館を明治44年に開業し、現在に至っています。

小林多喜二さんの潜在した部屋

小林多喜二さんが潜在した部屋は、旅館の前の石段を登ったところにある離れで、大正14年(1925年)に建てられました。今も当時のまま、手小鉢、行火、茶箪笥、丹前などが残されています。

小林多喜二さんは、昭和6年(1931年)3月から4月にかけ、約1か月間福元館に密かに滞在し、小説「オルグ」を執筆しました。本館浴場の湯板を渡し、その上に座ってよく歌(ブラームスの歌曲『日曜日』を口ずさんでいました。

小林多喜二さんの思い出

福元館の女将(古根村喜代子)の義姉である昭和初期当時の福元館の娘の古根村初子さんは、

「番下駄をからからと音をさせ、丹前をふところ手に、とんびだこのような恰好をして風呂に来られる(小林多喜二さんの)姿をちょくちょく見かけました」と語っています。

自著「あんなことやこんなこと」(昭和60年刊)より

※以下、有働氏より頂戴しました内容を基に記載させていただいております。諸説あるなかでの一説でございます事をご了承下さいませ。
小林多喜二の直筆の色紙(複製版)
~福元館の玄関と離れの多喜二館に展示~

多喜二直筆の色紙で現存が確認されているのは、当時親交があった作家壺井繁治氏が「これ一枚」と述べています。

多喜二が、19311110日付で愛媛大学教育学部長などを歴任された唐津秀雄氏(200012月逝去)に贈呈したものです。唐津氏は日本の学校保健確立に大きな業績を残した方でもあります。

この色紙が明るみになった経緯について、中川悦朗氏(2013年年末逝去)が196812日に唐津氏宅を訪問した際に応接室に掲げられた原本の色紙を見出した折に唐津氏からいきさつを伺ったと語っています。それは唐津氏が金沢医大在学中(社会科学のサークルを‘医学研究会‘とカムフラージュして学ぶような時代でしたが)、資金カンパを集めたところ、それを知った多喜二がお礼に高校の先輩を通じて唐津氏に色紙を贈呈したとのこと。

今ある福元館の色紙は中川氏が原本から複製したもので、福元館玄関や離れの多喜二館に掲げられています。

色紙は一枚1,500円、一定部数販売もしていますのでご希望の方はフロントにお申し付けください。

なお、郵送希望の方は氏名、郵便番号、住所、電話番号を明記の上福元館宛てファックス(046-248-6258)でご連絡ください。(別途郵送料=レターパック代360円)

福元館の大女将が語る 多喜二が逗留し「オルグ」執筆当時の様相
雑誌で紹介

小林多喜二が神奈川県・七沢温泉の福元館に逗留(193134月)して、オルグを執筆した際の様相を、現在の大女将・古根村喜代子さんが逗留当時の大女将・古根村ヤエさんから直に聞いた話をさまざまなエピソードと共に今回新しいことがらも含めて雑誌20ページに亘りふんだんに盛り込んであります。

玄関に飾られている多喜二直筆の色紙に書かれた意味についても明かされます。(「熊本民主文学)21号 筆者は有働正治・日本共産党元参議院議員」

一冊1,000円(税込)ご希望の方はフロントにて購入できます。郵送の場合は多喜二の色紙同様、福元館宛てファックス(046-248-6258)でお知らせください。

(スマートレター料含め1,180円)

小林多喜二さんのお部屋レポ
ご来館いただいたお客様がレポを描いてくださいました